SEOドクター生き残る中小企業のサバイバルSEO戦略

コンテンツSEOコンサルティング

コンテンツSEOを正しく理解する

コンテンツSEOコンサルティング

71194386effb186175cf314299ff6960_s

まずは、正しいコンテンツSEOを理解しましょう。今や多くの企業が、企業からの調達や企業への販売にインターネットを利用する時代。その中でビジネスの土俵に上がるためには、自社のWebサイトへ、いかに多くの人に読んでもらうかが、ビジネス成功のガキになります。初めてならば、時間も気力も体力も必要となるコンテンツSEO。まずはプロの力を借りて、スタートさせることが成功への近道です。

なぜコンテンツSEOが必要か

まずは、コトバの意味を復習です。

一般的には「SEO」と書かかれていますが、実際はこのコトバの略称です。

S:Search 検索
E:Engine エンジン
O:Optimization 最適化

ごく分かりやすい日本語でいえば、「誰かがWebで検索したときに、検索結果の表示順の上位に、自社のWebサイトが表示されるように、何らかの工夫すること」です。あるいは、そのための技術やサービスのことも、総称してSEOといいます。

※もっと詳しくSEOのことが知りたい方はコチラをご覧ください。
SEOっていったい何?

では、GoogleやYahoo!といったメジャーな検索エンジンで上位表示されるということはいったい何を意味するのでしょうか?

日本では、ここ数年で全国的にインターネットの環境が整い、多くの人が日々利用しています。スマートフォンの爆発的な普及により、場所・時間・シチュエーションを問わずに、インターネットを利用できるようになりました。

するとどうなるでしょう?

  • それまでは、店舗を訪れていた人がインターネット通販で買い物をするようになる
  • インターネットで予め調べて比較検討し、どこで何を購入するかを決めてから店に訪れるようになる
  • ランチや飲み会の場所を探す時、お店をインターネットで検索する
  • 病院にかかりたい時、インターネットで病院を探す

などなど…

実際に、総務省が毎年行っている「通信利用動向調査」の平成27年度の統計データによると、企業におけるインターネット等通信の利用は、「企業から調達または企業へ販売」や「企業から調達」が最も多く、企業間取引でもインターネットが多く利用されていることが分かります。

basis-of-contentsseo01

ところで、インターネットで何かを調べる時、検索結果はどれくらいまで見ますか?せいぜい、多く見て最初から2~3ページ、少ない時は最初のページしか見ないことが多いのではないでしょうか。

つまり、検索結果で上位に表示されなければ、ビジネスの土俵にすら上がれなくなるのが現実なのです。

では、検索結果で上位に表示されるためには、具体的に何をしたらよいのでしょうか?

単に、自社のWebサイトを作っただけでは、上位表示はされません。そこには、お金や運だけではなく、ある種のテクニックが必要です。それを可能にするのが、正しいSEOです。

SEOを進めるためには、いくつかのテクニックがあります。

  • Webサイトの内部設計の検討・見直し
  • 検索キーワードの選定
  • 質の高いコンテンツの作成・公開
  • リンクの効果

この中で、特に重要なのが3つ目の質の高いコンテンツの作成・公開です。

検索エンジンによる各サイトへの評価ポイントは、やはり検索する人=ユーザーが求める質の高い優良なコンテンツを提供しているかどうかというところにあります。

質の高いコンテンツを持続的に提供し続けていくことは大変な作業ですが、これをなくしてはSEOは成功しません。この、コンテンツ作成に注力したSEO対策のことを「コンテンツSEOと呼びます。

※SEO対策のポイントについて、詳しく知りたい方はコチラ
SEO対策のポイント、重要なのはこの4つ

どこから始めたら良いか

コンテンツSEOはまず、質の高いコンテンツを作ることから始めます。

質の高いコンテンツ=ユーザーが知りたいと思っている情報

ここで最も気を付けたいのが、あなたがユーザーに伝えたい情報ではなく、ユーザーが本当に知りたいと思っている情報を提供しているかどうか、です。検索に上位表示され、自社のWebサイトにアクセスしてもらうためには、ユーザーが見たい!と思うコンテンツでなければならないのです。

そこで初めて、自社のWebサイトへのPV(ページビュー)が増え、適切に自社をアピールすることで、やがてCV(コンバージョン)へとつながっていきます。

basis-of-contentsseo02

つまり、ユーザー目線で書かれているかどうかがポイントになるのです。

その過程で必要なのがペルソナ設定であり、そのコンテンツなどを読んで欲しいユーザーの具体的な姿を設定することにあります。

コンテンツSEOが成功するか否かは、いかにペルソナの興味を引くコンテンツを作成し、見つけてもらえるかにかかっています。

※コンテンツSEOの始め方、ペルソナをもっと詳しく知りたい方はコチラ
ペルソナ設定はコンテンツ

どうやって始めたら良いか

「なんとなく、どうすれば良いか分かってきたけど、やっぱりどこから手を付けたらいいか分からない。」そんな企業の担当者もいるでしょう。

自社内に、コンテンツSEOに精通した人材がいれば別ですが、初めてトライする場合は時間も気力も体力も必要です。そのような時は、コンテンツSEOのプロの力を借りることも検討してください。

例えばスポーツを始める場合、自己流だとテクニックがつかめなかったり、上達までに時間がかかります。ある程度までは伸びますが、いずれ頭打ちとなり、長続きしません。

しかし、最初にきちんとしたコーチに習うことで、コツがつかめ、上達が早くなります。ある程度の形が出来れば、その後は一人でも成長していけるものです。

コンテンツSEOも、初めは無理せずコーチをつけましょう。コーチのもとで経験を積みながら、やがて独り立ちすることを目指せばよいのではないでしょうか?

一番大切なのは、とにかく始めてみるということ。

なぜなら、コンテンツSEOは成果を実感するまでに時間がかかります。一日でも早く始めないと、ライバル会社との差は埋めにくくなってしまうのです。

あなたにお勧めの記事

コンテンツSEOコンサルティングのノウハウをご紹介

7a8149115b77f126cf47cabc95f6a341_s

自社に対する客観的視点が、...

自社の製品やサービスをアピールする時、何を基準にして考えますか?効率的に、より多くの人に上手にアピールするためには、自社に対する客観的な視点…

解決策を知る

f9c2e118dfcd0b95dd614e765cd17243_s

コンテンツSEO 3つの落...

コンテンツSEOを考える上で気を付けたいのが“3つの落とし穴”。 ユーザーにとってより優良なコンテンツとは何か、どのような見せ方をすれ…

解決策を知る

1ef3f317dee230bb0b0a0ad0ed5860b1_s

成功に導くコンテンツSEO...

これまでコンテンツSEOに取り組み、複数の委託先を検討しながらスタートしたはずなのに、思うような結果が出ない……。 その理由は様々です…

解決策を知る