SEOドクター生き残る中小企業のサバイバルSEO戦略

リモートコンテンツディレクター

3日坊主はもう辞めよう!コンテンツマーケティング継続の極意

リモートコンテンツディレクター

51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

コンテンツSEOをはじめとするコンテンツマーケティング、うまく運用できていますか?

  • 「やり始めてはみたけど、コンテンツの作成が面倒くさくなっちゃって最近アップしていないなぁ」
  • 「最近忙しくて、2か月くらいほったらかしになっちゃった…」

そんな、お悩みを抱えたりしていませんか?

コンテンツマーケティングは、やり始めることより、続けることの方が難しいといわれています。意気込んで始めた、ジョギングみたいなものかもしれません。シューズもウェアもしっかりそろえてやる気満々で始めたのに、初日の雨で「今日は止めておこう」となったのをきっかけに、面倒臭くなってしまって、それっきり…。そんな企業も多いのではないでしょうか。

しかし、ジョギングもコンテンツマーケティングも、継続することに意義があるのです!3日坊主にならない方法を一緒に考えていきましょう。

コンテンツの作成に時間が取れないときはどうするの?

コンテンツマーケティングは、定期的に新しいコンテンツを作成しアップしていく必要がありますね。これは一見、単純な作業ではありますが、大変根気のいることです。まして、コンテンツ作成の専任者であればともかく、多くの場合、別の業務も兼任していることがほとんどでしょう。

では、どのように業務を効率化していけばよいのでしょうか?

まずは、コンテンツ作成で一番時間のかかる部分はどこかなのかを考えてみましょう。

文章を書いたことがある方ならわかるかもしれませんが、一番時間がかかるのは“テーマを考える”ことではないでしょうか?そして、これが一番、手間がかかるのです。

何を書くのかが決まっていると時は、意外と短時間でさらっとかけてしまうものです、しかし「書くテーマが決まっていない」「題材がない」こんな時は、なにも作業が進まないまま、ただ時間だけが過ぎていきます。

下準備をまとめてしてから始めよう!

テーマを考える手間を解決するには、コンテンツマップとエディトリアルカレンダーの活用が効果的です。

  • コンテンツマップ:どのような情報をどのような順番で発信していくか整理できる
  • エディトリアルカレンダー:新しいコンテンツを発信するタイミングを、長期的なプランとして計画しておく

このような下準備をあらかじめしておき、どのような記事を、いつ頃、何本必要となるのかを把握しておくと、とても作業に取り掛かりやすくなります。

コンテンツ作成の下準備について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ペルソナとカスタマージャーニーの深い関係

コンテンツの作成を、アウトソーシングするのはアリなの?

なるべく自力でコンテンツマーケティングを運営していく方法についてご紹介してきましたが、それでもやっぱり面倒くさいし、十分な時間が取れない…そう思っている人もいらっしゃいますよね。

すごく正直で、良いと思います。

どう頑張っても、面倒くさいものは面倒くさいのです。

「思うような文章が書けない」ということもあります。慣れてくればそれなりの文章は書けるようになりますが、「人に読まれる文章」を書くには、それなりのコツもあるのです。

色々やりくりしても、コンテンツを作る時間が取れない、あるいは「上手く表現できない」と感じる場合は、アウトソーシングしてしまう方法もあります。ただ、アウトソーシングする場合にはいくつか注意しなければならない点があります。

「人に読まれるコンテンツ」を作り出すには、実際に文章を書くライターの他に、全体の構成を考え、「今、何を伝えるべきか」という信念の元、全体をハンドリングする「ディレクター」が必要です。

ディレクターの役割について、詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。
ライターと編集者の甘くない関係

プロのライターについて詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。
コンテンツを生み出すライターって、どんな人?

会社の意向をくみ取ってくれる業者を探そう!

コンテンツマーケティングには、会社の売上アップ、ブランド力の向上、などのような「会社としての目的」がありますよね。つまり、その目的を達成するべくコンテンツを準備する必要があります。関係ないテーマで、サイト流入者をアップしても意味がないのです。

業者選定においては、自社の意向をしっかりとくみ取り、「何をアピールしていきたいのか」を、きちんと理解してくれる業者を選びましょう。外注業者は、コンテンツ作成のプロかもしれませんが、あなたの会社のことには無知なのです。十分な話し合いの上、意思の通う担当者かどうか、よく確認しましょう。

文章だけではなく、イラストやグラフといったイメージ図も、コンテンツの中では重要な要素です。これも、自社の意向にそった、統一感のあるものを揃えておくと、非常にインパクトが強くなります。単なるイラスト1カットでも、自社のイメージとかけ離れたタッチのものでは、伝えたいことが伝わらなくなります。

また、せっかくお金を出して委託するのに、あまりクオリティが低いコンテンツでは困りますね。これは、契約してからトラブルになることも多い部分なので、必ず契約前にサンプルや過去の作成事例を見せてもらい、クオリティに納得がいくかどうか確認しましょう。

コンセプトの方向性や、コンテンツのボリューム、イラストの数や質など、細かく打ち合わせしておくとよいでしょう。

アフターケアのしっかりしているところを選ぼう!

コンテンツ作成代行は基本的に、コンテンツを納品したら契約遂行ということになります。しかし、さらに一歩踏み込んで、しっかりとしたアフターケアまで責任を持って行ってくれる業者もあります。

コンテンツマーケティングでは、発信している各コンテンツがユーザーに対してどのような行動を喚起しているかが重要となります。

  • 「どのような流入経路で閲覧されているのか?」
  • 「閲覧時間が長いページはどれか?」
  • 「コンバージョン率が高いページはどれか?」

このような分析を行うと、どのようなコンテンツがより好まれて会社の利益に結びついているかを知ることができます。このような分析を行うことで、コンテンツ作成のリプランニングが可能になり、質の高いコンテンツを継続的に納品してもらえることにつながりますね。

せっかくアウトソーシングするのであれば、業者選びは慎重に行いましょう。納得のいくまで何度でも話し合う姿勢を持ってくれる委託先を探すことが重要です。

あなたにお勧めの記事

リモートコンテンツディレクターのノウハウをご紹介

yuki150321280i9a4443_tp_v

“私の書いたコンテンツ”、...

最近、コンテンツマーケティングやコンテンツSEOを始めてみたという人も多いかと思います。「いったいどれくらいの人に見てもらっているのだろう?…

解決策を知る

90fed04d81cea1c224d39b49a369e9ff_s

コンテンツマーケティングで...

「コンテンツマーケティングを行っているけど、思ったように成果が出ない…」 「どんなコンテンツを、どんな順番で配信していけばいいのだ…

解決策を知る